スポンサーリンク

筋トレと運動習慣は生き方を変える

人生

最近、運動していますか。学生時代は定期的に運動していたけど、社会人になってから運動していない人は多いです。それに加えて、健康に悪い生活習慣―タバコ、お酒、食べ過ぎなどが生活習慣病―心筋梗塞、脳梗塞などの原因になっています。これは改善する必要があります。僕は運動習慣は一生の宝物だと思っています。



筋トレと運動の効用を見ていきます。





スポンサーリンク

筋トレによってメンタルを強くする



筋トレをすることにより、テストステロンやセロトニンといったホルモンが分泌され、焦燥感・不安感を取り除き、自尊心の低下を防ぐことが出来ます。テストステロンには骨や筋肉の強度の維持、動脈硬化やメタボリックシンドロームの予防、やる気や闘争心の向上などの効果が、セロトニンには心を落ちつかせる、安定させる、脳を最適な覚醒状態にさせる、痛みの調節をするなどの効果があります。このような多くの働きからセロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれることもあります。他にも筋トレによって多幸感や気分の高揚、興奮などの効果があるドーパミン・βエンドルフィン・ノルアドレナリンなどのホルモンも分泌されます。





それだけではなく、筋トレは寝不足や健康の不安を取り除くことが出来ます。食事管理と睡眠も共に意識することによりメンタルヘルスに高い効果が得られ、理想の肉体を目指すことも出来ます。




さらに、筋トレをすることによって自分に自信が付きます。筋トレは人は変わることが出来るという大切な原理を教えてくれます。僕は筋トレを初めてまだ一か月ですが、自分の肉体と精神の変化を実感しています。陰口、悪口を気にしなくなり、他人からどう思われるかより、自分の肉体・体重の変化を認識して幸せになることが出来ます。Testosteroneさんは筋トレで増すのは「希望・筋肉」、減るのは「ネガティブ思考・贅肉」と書いています。フィジカルを強くして、最強のメンタルにしましょう。




なかなか筋トレをする気が起きないって人もいると思います。まずは、軽いジョギングやウォーキングから始めてください。少しずつ運動習慣をつけることが大切です。






死ぬ時まで幸福に生きるために


運動習慣を持ち続けることで寿命を延ばすことが出来ます。筋トレだけでなく、運動にはアンチエイジング効果があります。運動習慣を持っていないと、筋力の低下し活動が減り、転倒しただけで骨を折り、寝たきりになる。こういった可能性だってあります。さらに、寝たきりは認知症にもつながります。運動不足になると筋肉はどんどん弱っていきます。いくつになっても継続的な運動習慣を持ち続けましょう。




僕は無人島で野垂れ死にたいです。自宅や病院で寝たきりで死にたくありません。無人島で気ままな生活を送って死にたいです。そのためにも、運動習慣を持ち続け、こっちの世界(人間社会)でやり残しがないように全力で頑張ります。






今日の名言

筋トレで人生は必ず好転する。

Testosterone



参考文献:超筋トレが最強のソリューションである Testosterone著

コメント

タイトルとURLをコピーしました