スポンサーリンク

【受験】自分の人生を生きるということ

人生

明日から卒業式の日まで家庭研修期間が始まります。受験も本格的に始まります。それに先駆けて担任の先生が話をしてくれました。僕の心に響く言葉が多く、このブログでも紹介したいと思ったのでします。受験・人生に悩む高校生にとって勇気づけられる内容です。




温度感を忘れないように思い出せる限り、そのまま書きます。








「君たちはまだ若いからいつか死ぬってことに実感がないかもしれない。けど、いいか僕も君たちも必ず死ぬ。ゲームみたいにやり直しはきかないんだよ。今のようにこうやって生きられるのもこれが最後。人生は一度きりなんだ。



焦ってみんなと同じようにしても仕様がないよ。みんなの中には現役って気持ちが強いんだろうけど。浪人したって別にいいんです。僕だって一浪したけれど、今こうやって教員をやってる。


僕の友人に二浪したやつがいました。浪人してから最初の方は遊んでばっかりだったけどね。それでも、バイトして海外旅したりしてその後、最終的にはまじめに勉強していましたよ。彼も遊んでいるように見えていろいろ考えていたんだろうね。大学を卒業して銀行に就職したよ。今は支店長やってんですよ。今の自分に満足しているって言っていましたよ。


結局自分が満足できるかどうかなんです。他人と同じことしたって自分が幸せになれるかは分からない。



今はこんなコロナの状況で海外の大学を希望している人は厳しいね。間違いなく今年はいけないですよ。受け入れもしていないだろうしね。それでも、夢を追うことに意味があると思いますよ。



別の学校で10年位前に今年は大学を受験しないって女の子がいました。大学に行く意味が分からないから一年間考えてみるって。進学校だから、みんな大学に行くのに勇気あるなあと思いました。9月くらいに学校に大学に行く目的が見つかったって電話が来た。彼女もバイトとかしながらいろいろ考えたんだろうね。それまで貯めたお金で予備校に通って大学に行きました。



この学校でも何年か前医学部に唯一行ったやつがいてね。そいつは二浪して大学に行ったよ。僕は口には出さなかったけど、絶対に無理だと思っていましたね。面談でもそういう顔をしていたかもしれない。だって、高三で偏差値40だぜ。現役の時は薬学部行くって言ってたけど、話にならないでしょ。一番優しい大学でも歯が立たない。それでも、彼は夢を追い続けて医学部に行ったよ。浪人して相当努力したんだろうね。



これから先受験していく中で、この中にも思うようにいかない人が出てくると思います。現役で受かったすべり止めのあまり行きたくない大学に行くのも別にいいと思います。妥協は悪いことじゃないです。けどね、本当にやりたいこと、かなえたい夢があるなら目指した方がいい。いいか、人生は一度きりだぞ。



悪いけど、所詮人生の中で大学受験なんて大したことないんだ。どうするかは自分で判断して。はっきり言っちゃうと僕からしたら君たちがどう生きようが関係ないんです。結局自分がどう思うかだから。 



はい、それじゃ受験頑張ってきて。三日連続の人いるかな?しんどいだろうけど、決めたのは自分だからがんばれ。」





クラスのみんなに話した言葉だけど、僕に向けて言っているように聞こえました。いつドイツに行けるか分からない。こんな状況だけど、僕は夢を追います。クラスで大学を受験しないのは僕一人。周りと違う2021年を良いものにしていきたいです。





今日の名言

幸せかどうかは自分次第。

アリストテレス

コメント

タイトルとURLをコピーしました