スポンサーリンク

一人で過ごす時間が人生を豊かにする

人生

 

皆さんは一人は好きだろうか。この記事では僕が読みたいことを書いていく。


一人の時間を僕は意識的に作るようにしている。人生は一人で始まり、一人で終わる。どうせ死ぬときは一人です。これを忘れるから人は孤独を恐れる。


他者とのかかわりは避けられないけれど、人間関係で疲れても、自分だけは裏切らない。

僕が中三の時に書いた文章を少し引用しよう。



-「私もいつ死ぬかわからないので、今から名言を考えてみます「自分との関係がよい人ほど、人生楽しめる。」どうでしょう。意味が分からないと思いますが、実はちゃんとした意味があるのです。ここからは、完全な持論です。私は一人で自分の行動馬鹿さに笑うことがよくあります。一人で自分に「お前なにやってんだよ」とか言ってます。かなり楽しいのでお勧めです。○○の方に走りに行き、迷子になったことがあります。そんな時も夜十時過ぎで怖いのですが、「これはお前に対するミッションだ。必ず道はある」と自分に話かけていました。△△高校を見つけたときは、自分に「ほら言ったろ。必ず道はあるって。」と自分をほめたたえました。このように自分との関係がよければ、人生のどん底だって味わうことが出来ます。とにかく大事なことは、自分を信じること、認めること、こいつ面白いなと思うことの三つです。自分との関係をよくして人生楽しもうっぜって話でした。以上、僕の持論でした。」



文章を書いていたことで当時考えていたことが知れる。中三の時の自分ありがとう。



これまでnoteにたくさん自分の考えを書いてきたけど、それもいつか懐かしく思える日が来るのかな。



友人と過ごす時間も楽しい。しかし、日々をすべてそれで埋めてしまうと苦しいだろう。たまには、温泉や映画に一人で行くのもよいだろう。僕も先日「星の子」という映画を一人で見てきた。見ているときも終わってからも極上の時間を過ごせた。この話はまた詳しく書こうと思う。



勉強もおすすめ。一人の時にする最高の時間の使い方だと思う。自分の脳に必要な、身に着けたい知識を入れる。それだけで、少し得した気分だ。僕もこれまでの勉強のおかげで、英語で本を読むことが出来るようになり、数式が出てくる本も読めるようになった。哲学や歴史、自然科学を勉強したことによって、自分の世界観が豊かになり、物事を深く考えたり、多角的に見れるようになった。勉強は最高の娯楽である。勉強に関しては書きたいことが山ほどあるのでこれからたくさん書いていきたい。



一人の時間にはゆっくりと人生について考えるのも楽しい。人やスマホ、パソコンから離れ自分と向き合う。この時間が現代人には必要なのではないだろうか。人に任せず、自分がどう生きていきたいのかを考えることで、自分の人生を生きることが出来る。



近所を散歩したり、本屋や図書館で本を読んだり、筋トレやランニングをするのも最高です。

僕の人生観は読書によって形作られてきた。ユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史」、アドラー心理学についての「嫌われる勇気」、ミニマリストのしぶさんが書いた「手ぶらで生きる」、出口治明さんの「人生の教養が身につく名言集」などの考え方を自分の中に取り入れている。本を読むことによって思考が深まり、自分の中に多様な価値観が存在するようになる。



noteの記事に自分の人生観を書きました。



大体全部自分ゲーって考えるとワクワクする|大橋拓真|note
※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。   読む上での注意  ※これから書くことは考え方です。私がこれから書くことを心から信奉しているわけではありません。そう考えることも出来るよねという話です。私自身は、個人個人の考えは本人にとって真実だと思っています。それを否定するつもりはありません。遺伝子...



一人の時間を作って人生を豊かにしよう。



コメント

  1. […] ※人を嫌っても悪口などは言わないように。いつか自分に戻ってきます。いつ相手に届くか分からないし、傷つけてしまうかもしれません。心の傷はなかなか癒せない。貴重な自分の時間は有益なことに充てたり好きな人のことや夢について話してみたらどうでしょうか。そっちの方がよっぽど楽しいよ。何があっても自分だけは味方でいることが大切です。https://takumaohashi.com/?p=191 […]

タイトルとURLをコピーしました