スポンサーリンク

僕がドイツの大学を目指す理由

ドイツ留学

高校入学時は早稲田大学に行こうとしていました。半年ぐらい経ってからアメリカの大学に行きたい!と思い、ベネッセの留学フェアに行ったりして情報を集めました。調べると分かるのですが、アメリカの大学は学費が高すぎです。コミカレを利用しても高額です。

僕は理系なのですが、高1高2は数学や理科を全く勉強せず、英語ばっかりやっていました。そのおかげで英語がそこそこできるので、アメリカのコミカレに入学することも出来ます。けれどそうしたら、数学や理科が中途半端になってしまいます。これと学費の問題でアメリカの大学進学をあきらめました。勉強から逃げたくなかったのです。

それからは、日本の国立大学を目指していました。転機が訪れたのは今年の五月です。「そういえばドイツの大学って授業料無料だっけ」とふと思い出し、パソコンで調べまくりました。本当に無料で、さらに自分にもチャンスがあることが分かりました。

ドイツの大学はどこもレベルが高く世界中から留学生が来ます。学費が無料なのも理由の一つでしょう。また、ドイツは優秀な科学者や哲学者をたくさん輩出しています。理系であり、哲学が好きな自分にとって最高の環境です。知れば知るほどドイツに行きたくなりました。挑戦しないで後悔したくないと思い、ドイツの大学を目指すことにしました。

入学するには共通テストで点数をとらないといけません。留学を理由に数学と理科から逃げずに済むからうれしいです。あと四か月全力で勉強します。これまで、受験生だからといって勉強にこだわらずいろいろなことをしてきました。そんなかんじで全然勉強してこなかったので、数学ⅠB・ⅡBが50点、物理と化学が20点くらいしか取れません。周りの人から見たら危機的状況だと思います。でも、僕はラッキーだと思っています。ここから、あと四か月で点数爆上げしたらブログや話のネタになるからです。

僕は物事にハマったら時間を忘れて取り組む癖があります。受験生なのに、読書やnote、ブログを書くのにハマっちゃって大変でした。これから四か月は勉強にハマって、楽しもうと思います。今度、努力とハマることについて書こうと思います。

ドイツ留学では、ドイツ語も身に着けられます。卒業後の進路として、ドイツ留学を検討してみてはいかがでしょうか。今後もドイツ留学について書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました